メンバー紹介

吉川 陽介

ラサール不動産投資顧問の物流投資部門執行役員を経て、CPDを設立、代表取締役に就任。ラサールにおいてはラサールジャパンロジスティクスファンド1号および2号の投資資金を用いて5年間で30物件、約2000億円の投資を実行。ラサール以前はエートスジャパン、KPMG FASおよび清水建設に勤務。京都大学卒

小須田 英治

1992年よりリクルートコスモスにて住宅・マンション開発等を手掛け、2007年にラサール不動産投資顧問の物流投資部門に移籍、ラサールジャパンロジスティクスファンド1号および2号のアクイジションを担当。東京大学卒

町田 剛

エートスジャパンにてプライシング・ストラクチャリンググループヘッドを務め、約9年にわたり総額約1兆円の不動産投資および企業投資を遂行。それ以前はアーサーアンダーセン(ニューヨーク)にて監査業務およびコンサルティング業務に従事。
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校卒。米国公認会計士(ニューヨーク州)

八木橋 孝輔

日鐵リースにてPFI・不動産ファイナンス業務に従事。2006年よりダイヤモンドリース(現三菱UFJリース)にて主に外資系ファンド向けのノンリコースローン、エクイティ投資を担当。2018年12月よりCPDに出向。福島大学卒

今井 康博

東京三菱銀行にてIT・監査業務に従事したのち、三菱商事UBSリアルティにて、J-REIT資産運用会社の機関運営・内部統制等に従事。航空機リース関連会社を経て、ESRのリート資産運用会社の機関運営・情報セキュリティ管理等を担当。
慶応義塾大学卒 米国ケロッグスクールMBA

眞鍋 太郎

森トラストにおいてビル管理・ソーシング業務を担当し、その後2008年よりラサール不動産投資顧問のアセットマネジメント部門のディレクターとして従事、約10年にわたり30物件・総額3000億円超の物流施設のアセットマネジメント業務を遂行。
一級建築士

金星 龍三郎

2012年よりGLプロパティーズ(現 日本GLP)にて約7年間に渡り物流不動産のリーシング業務に従事。それ以前はシービー・リチャードエリス(現CBRE)にて事業用不動産の仲介営業、顧客の不動産戦略立案・実行支援に携わる。九州大学卒

脇水 亜希

エートスジャパンにて不動産投資案件のエグゼキューション、資金調達、期中管理等の業務に従事し、ファンドマネジメント会社を経て現職。それ以前はソフトバンクにて法務部門に所属。東京大学卒 米国公認会計士

横岡 紀人

日本GLPにて約5年間に渡り、物流施設のソーシングおよびディスポジション業務を担当。それ以前は東急リバブル株式会社ソリューション事業本部にて、物流施設ポートフォリオや開発用地の専任仲介窓口として、数々のプロジェクトを担当。

髙橋 宏樹

マンション分譲、オフィスビルのプロパティマネジメント等の経験を経たのち、2011年よりメープルツリーインベストメンツジャパンにて物流不動産のアセットマネジメント業務に携わる。2013年からはGLPジャパン・アドバイザーズにて、資産規模5,000億円超の物流施設特化型J-REITのアセットマネジメント業務に従事。早稲田大学卒

川井 賢武

ラサール不動産投資顧問の物流投資部門にてアクイジション等の経験を経たのち、KPMG FASにて債権評価およびM&A関連の財務・ビジネスデューデリジェンス業務に携わる。2014年からは農林中央金庫にて企業向け貸付および欧米クレジット資産への投資に従事。シドニー大学卒

鬼界 友彰

2009年に三菱UFJリースに入社、企業向けリース取引等の経験を経たのちに、2013年よりノンリコースローン、エクイティファイナンス業務に従事。約5年にわたり総額約1000億円のファイナンスを実行。2018年12月よりCPDに出向。同志社大学卒